So-net無料ブログ作成
検索選択

身延山ハイキング [山・旅]

4月1日、夫と二人ツアーに参加して、身延山枝垂れ桜ハイキングに行って来ました。
結論から言えば、桜はあまり咲いて無く[ちっ(怒った顔)]、雪道が故、夫はハイキングもしなかった。[ふらふら]何やら中途半端なツアーになりました。
ロープウェイを使って上の駅に着いたときは12時20分。待ち合わせ時刻は2時50分。これでは時間が足りないと夫はハイキングを止めたのです。
何しろロープウエイの待ち時間が約1時間20分以上かな~それだけで草臥れるほどでした。
普段からあまり健脚でない夫には雪道はちょっと酷でした。
ここのロープウェイの標高差は763メートルらしい。と言うことはハイキングで下る標高差もそれ以上はあるということです。ロープウェイ駅.jpg
ロープウェイ.jpg

上に行ってみると[目]頂上雪景色.jpg

とりあえず奥之院へ参拝(裏側から見た仁王門)奥之院仁王門.jpg

わたくしたちのツアーが下るのは東コース(西コースもあり東より長い)。この雪道を見て、夫は引き返すことに決定。雪道.jpg

それから一人旅。いろんな「坊」と名の付いた建物がありました…これは何かわかりません。坊.jpg

35分くらい下ったところから雪がなくなっていました。途中から雪無し.jpg

途中大光坊というところにあった仏像仏像.jpg

この辺りまで降りてくると、いろいろお花が見られるようになりました。
ミツマタ(今まで群落もありましたがほとんど蕾でした)ミツマタ.jpg

シキミがありました。シキミ.jpg

がまだしっかり咲いていました。梅.jpg

ヒュウガミズキです。うちの近くにあるのよりぐっと大きな木でした。ヒュウガミズキ.jpg

やっと下に本堂や五重塔が見え始め・・・本堂が見えてきた.jpg

ここでやっと枝垂桜も目に入りました。桜.jpg

それから下の本堂のところまで下って。桜2.jpg

五重塔です。
五重塔.jpg


本堂です。
本堂正面.jpg


そこからもう一つ下の三門へ行きますが、道は三つあります。
一つは女坂。かなり回り道です。一つは男坂。やや急な坂のようです。そしてもう一つがこの階段。菩提梯と言うそうですが、287段・・・かなり急で手すりにつかまって下りました。
菩提梯.jpg


最後は三門です。三門.jpg

ここまで来て14時10分・・・あとは駐車場まで、約30分と聞いていましたが、ほんの14~5分でした。

レベルはハイキング中級でしたが、雪道ということもあり、またロープウェイで待たされたこともあり・・・ものすごく急いで下りた(かなり急坂)[ちっ(怒った顔)]・・・そのせい? この何年か忘れていたような大腿四頭筋の痛みに襲われ、5~6 日治らなかったです。

かなりの枚数、写真をアップ<(__)> 失礼いたしました。

次回は13日、千葉市の公園で写したカタクリなどです


footstep(109)  コメント(66) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

江戸東京博物館から柴又へ [東京ぶらぶら]

これは3月26日の記録です。
この日、水元公園へカワセミに会いに出かけようと思っていたのですが、雨になりました。[雨]
雨でも行ける所・・・思い出しました。以前から行きたいと思っていた両国にある「江戸東京博物館」。ここに欲しいものがあるに違いない[わーい(嬉しい顔)]
両国で降り立つのは初めてかな・・・両国駅.jpg

残念ながら、お相撲は大阪場所。国技館の屋根だけ国技館の屋根.jpg

右に折れて少し歩くと博物館が見えてきます。博物館建物.jpg

大人入館料は600円ですが、65歳以上は半額の300円[るんるん]最初に一階のショップによって欲しいものをゲット。それから入館です。ジオラマを見ます。暗い所なので写真が今一つ上手く写せません[ちっ(怒った顔)]
ジオラマ1.jpg

寺子屋の様子ジオラマ2.jpg

これは越後屋(三越の前身?)ジオラマ3.jpg

買い物は・・・これ[バッド(下向き矢印)]江戸の地図.jpg
時代小説を読みながら、もう少し頭の中で想像する材料が欲しい。それが江戸の地図でした。で、買ったのですが、享保江戸図は何と、変体仮名が沢山使ってあって、しかも字が小さい[ふらふら] ほとんど読めない[もうやだ~(悲しい顔)]
[グッド(上向き矢印)]これはもちろん、家に帰って写した写真です。

両国からの旅の続きは・・・[電車]柴又へ行きます。柴又へ.jpg

柴又駅でこれを写して
柴又駅.jpg


ひょっと見ると・・・もう一体ブロンズ像が・・・ハイ、この方[わーい(嬉しい顔)]柴又駅2.jpg

わたくしが行った前日、除幕式だったようです。

で、この日は帝釈天にお参りではありません。買い物です[プレゼント]
それはこれ[バッド(下向き矢印)]佃煮草団子.jpg

何と言っても美味しいのが(わたくしにとっては) ワサビの葉の佃煮。[わーい(嬉しい顔)]
ご飯のお供になっています。

次回は4月10日、身延山枝垂れ桜ハイキング。


footstep(118)  コメント(82) 
共通テーマ:趣味・カルチャー