So-net無料ブログ作成

牡丹、ゆりかもめなど(鎌倉) [山・旅]

鶴岡八幡のお参りを済ませ最後に行ったのは牡丹園です。

たくさん写しましたが一部を。
名前は間違いなく写したつもりですが、万一違っていたらご勘弁を[もうやだ~(悲しい顔)]
島津紅を二つ。このお花は同じ木に咲くお花の色が違っていました。島津紅.jpg

島津紅2.jpg

連鶴連鶴.jpg

太陽太陽.jpg

長楽長楽.jpg

島錦縞錦.jpg

聖代聖代.jpg

春光寿
春光寿.jpg


鎌田藤鎌田藤.jpg

黄冠黄冠.jpg

花魁花魁.jpg

貴婦人貴婦人.jpg


この下は鳥。
アオサギアオサギ.jpg

ユリカモメ都鳥.jpg

同じくユリカモメ飛翔都鳥飛翔.jpg


これを最後に鎌倉駅へ・・・そして車中の人となり帰宅。鎌倉駅.jpg


次回は18日予定です。


footstep(106)  コメント(64) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

光明寺、九品寺、五所神社そして鶴岡八幡宮 [山・旅]

光明寺の続きから。
光明寺の鐘楼です。これ自体は特に何もなかったと思いますが、彫刻が良い!鐘楼.jpg

鐘楼の飾り.jpg

そしてこれが三門。
この三門は鎌倉最大だそうですよ。間口16メートル、奥行き7メートル 高さ20メートル。三門.jpg

この後行ったのが九品寺。九品寺.jpg

この九品寺は新田義貞が敵方の北条氏の戦死者を供養するためここ材木座に建立したとか。
割合地味なお寺さんでした。九品寺2.jpg

下の二つの額は新田義貞の字だそうです。新田義貞.jpg

新田義貞2.jpg


ここには梅が僅かばかり咲いていました。梅.jpg

この後は通り道に五所神社があったのでお参りするつもりで中に入りましたが、すでに業者さんがいて何やら片付けていましたので、参拝は取りやめ。下の写真だけ写しました。
これは狛犬?
御所神社.jpg


足の下には狛犬の子供?
御所神社2.jpg


左側の狛犬
御所神社3.jpg


お賽銭も上げず、写真だけ写して次へ・・・
鶴岡八幡宮です
鶴岡八幡宮.jpg


鶴岡八幡宮2.jpg


次の写真の左手に人が並んでいますが、お参りする人たちです。
わたくしは遠慮して(?)手前に簡易の参拝所が設けられていたのでそこで済ませました。
鶴岡八幡宮3.jpg


この後牡丹園を見て帰途につきます。
次回は牡丹園から。


footstep(114)  コメント(70) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

富士山を見に(鎌倉) [山・旅]

お天気良好 よしよし、これなら富士山はきっと美しく見えるはず[手(チョキ)]かなり早く出立。多分都県境辺りで朝焼け.jpg
1月4日の朝焼け

約1時間30分で鎌倉に到着です。
そこから今回はバス[バス]で光明寺まで行きます。
そこから僅かばかり歩いて富士山富士山.jpg

富士山2.jpg

富士山3.jpg

近くにある和賀江島。こちらは記念碑と言うのかしらね。和賀江島.jpg

貞永元年(1232)の築港、現存の築港としては日本最古のものと言われている。潮が満ちれば水没してしまう。干潮時には幅40m、長さ約200mに渡る半島形の出洲となるそうです。わたくしが行ったときはこんなものでした。和賀江島2.jpg

その後、光明寺に行きます。光明寺.jpg

光明寺は浄土宗のお寺さんですね。浄土宗.jpg

本殿光明寺本殿.jpg

光明寺裏から見た富士山光明寺と富士山.jpg

光明寺と富士山2.jpg

そこで見た水仙水仙.jpg


多分11日(木曜日)に続きます。


footstep(115)  コメント(75) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

倉敷 散策 [山・旅]

11月10日より二泊三日の旅行記本日最後です。永々ご覧いただきありがとうございました<(__)>

本日は写真が多いです。サラーっと流してくださいませ<(__)>

駅に着いて、昼食を済ませて歩きます。
倉敷の綺麗な所は「美観地区」と言うのですかしらね。ここは駅近くの「飲み屋街」?
倉敷.jpg


マンホール倉敷2.jpg

美観地区に入って、あとは概ね写真の羅列倉敷3.jpg

倉敷4.jpg

屋根の形が面白かったので倉敷5.jpg

紅葉と白鳥倉敷6.jpg

喫茶店「エル・グレコ」これは51年前にもありました[わーい(嬉しい顔)] 何とも懐かしい建物。倉敷7.jpg

倉敷8.jpg

倉敷9.jpg

倉敷10.jpg

倉敷11.jpg

倉敷12.jpg

倉敷13.jpg

倉敷14.jpg

こちらは倉敷の中でもとりわけ有名かな「大原美術館」これも51年前と変わらないですね。倉敷15.jpg

ここからは翌日です。人が少ないだろうと思って朝食後、散歩。倉敷16.jpg

倉敷17.jpg


これは上記「エル・グレコ」の入り口
倉敷18.jpg


倉敷19.jpg


少し高台にお寺さんがあったので上がってみました。倉敷の街。
倉敷20.jpg


時間切れとなったので裏道を歩いて駅へ行きます。
倉敷21.jpg


倉敷から岡山へ戻ります。こんな電車でした。
倉敷22.jpg


倉敷23.jpg

その後は岡山[新幹線]で東京まで一直線

師走、少々忙しくなってきています。ちょっと飛ばして次回は恐らく1週間後となります。


footstep(121)  コメント(100) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

有馬温泉街から倉敷まで [山・旅]

妬泉源.jpg

11月初めの旅行記の続きです。

有馬温泉って、泉源は一つじゃないのですね。
歩いている間に三つばかり見つけました。きっと他にもあるのでしょうね。

妬と言う字を「うわなり」と読むことを初めて知りました[ふらふら]

もう一つ見つけた泉源御所泉源.jpg

泉源.jpg


それでは温泉街の散歩です。有馬温泉街.jpg

ヤマブドウヤマブドウ.jpg

金の湯(中には入りませんが、茶褐色の温泉かな)金の湯.jpg

前を歩く人たちは中国からの団体客のようでした。
旅靴屋と言うのも面白いですね。開いてなかったから入れなかったですが。旅靴屋.jpg

温泉街の紅葉温泉街紅葉.jpg

ねねさん
ねね.jpg


ねね橋ねね橋.jpg

太閤橋 このすぐ傍に、新神戸方面へ行くバス停があったので、ここからバスに乗りました。太閤橋.jpg

新神戸に着きました。岡山までの新幹線自由席を買いました。料金は2人分で10140円。それでも結局30分余り「たちんぼ」[もうやだ~(悲しい顔)]新神戸.jpg

岡山です。岡山.jpg

岡山に着きましたら福山方面行の列車に乗り換えます。そしていよいよ倉敷駅.jpg

倉敷に着きました。
ほぼ12時ころ。一番にしたことは昼食です。夫好みの店が見つかりました「味噌カツ」[わーい(嬉しい顔)]・・・わたくしはそこでエビフライを頂きました。

次回は倉敷の街並み、そして帰宅です。

昨日12月3日でこのmimimomo's blogは丸13年になりました。
これもひとえにご訪問頂ける皆様の励ましあってのこと。深く感謝いたします<(__)>


footstep(112)  コメント(77) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ホテル庭園 [山・旅]

翌朝、朝食後ホテルの庭園散歩です。ホテル傍の庭とそこから少し歩いたところにホテルの茶室があります。
鳥を見つけましたが・・・何だろう(ヒヨちゃんでした)小鳥.jpg

この先は紅葉ばかり・・・庭.jpg

庭2.jpg

庭3.jpg

茶室の方まで来ました。庭4.jpg

これは椿?山茶花?椿.jpg

こちらは山茶花。上と同じ木だったかどうかもう記憶にないのです[ふらふら]山茶花.jpg

また紅葉庭5.jpg

茶室を出て少しずつ裏山側へ行きました。庭6.jpg

庭7.jpg


裏.jpg

裏2.jpg

落ち葉落ち葉.jpg

裏側から戻って表の方へ茶室.jpg

庭8.jpg

お茶室の説明版を最後に写してホテル傍の前庭へ戻ります。茶室案内.jpg

シャリンバイが今頃咲いていました。シャリンバイ.jpg

このホテルの庭でした。ホテル庭園.jpg


旅行記事の途中ですが、次回は「散歩道の様子」をアップします<(__)>


footstep(98)  コメント(64) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

六甲山から有馬温泉へ [山・旅]

追記: 今朝(11月24日)の日経新聞、交遊抄の欄には
20日の同欄と全く同じ記事が出てるの[exclamation&question]
こんなことあり? 一部180円もする新聞[ちっ(怒った顔)]
(25日、お詫び記事が出ましたね)


11月10日の旅の続きです。

六甲高山植物園を出たら六甲枝垂れを目指しました。と言ってもバスでですが^^ バス待ち時間が結構あったのですが、歩きたくないと連れが申します[ちっ(怒った顔)]
バスを降りて写したお花は、恐らく山茶花山茶花.jpg

山茶花2.jpg

六甲枝垂れまで行きましたが、とても時間が足りそうにないのでこのままロープウェイで温泉方面へ下ることにしました。途中写した紫陽花紫陽花.jpg

駅です。山頂駅.jpg

こちらのロープウェイから見た景色は紅葉が綺麗でした。
紅葉8.jpg


紅葉9.jpg

紅葉10.jpg

乗ったロープウェイはこれ。乗ってきたロープウェイ.jpg

温泉駅の近くの景色です。有馬温泉駅近く.jpg

この駅まで、ホテルの車が迎えに来てくださいました。
そしてこの日の日没日の入り.jpg


~~~~~~~~


今回は写真が少なめなので、我が家の花をちょっと割り込ませていただきます[わーい(嬉しい顔)]
先日、蕾だった木瓜が咲きました。木瓜.jpg

小菊 二種小菊(白).jpg

小菊.jpg

椿(紺秋)椿(紺秋).jpg

↑は今の時期の椿ですが、↓の椿は本来春の花。椿.jpg

ツワブキ(今年は小さいこのお花だけ[もうやだ~(悲しい顔)]ツワブキ.jpg

最後はナンキンハゼの紅葉ナンキンハゼ.jpg


次回はホテルで見た庭の紅葉など景色です。


footstep(118)  コメント(79) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

神戸と倉敷へLet's go! [山・旅]

今年のごろ、夫が「倉敷って行ってみたいなぁ~」と言いました。どうやらテレビで何かやったみたい。
「いいよ、行こう」と言ったものの、わたくしが行けるのは「11月ね」と言うことで10月「南アフリカから帰って来て」スケジュールを組むことにしていました。

倉敷にはわたくしは51年前に行ったことがあり、それからすごく変わったと言うことはなさそうで、夫の性格からして「多分2~4時間」で帰ることになりそう。[ふらふら]
千葉から旅費をかけて行って、すぐ戻ってくる?[どんっ(衝撃)]

否否、それでわたくしが考えたのが「行きたい所についでに行こう[わーい(嬉しい顔)]

それは六甲山と有馬温泉

残念ながら体調を崩して南アフリカは「儚く消えた」夢と化した。
11月3日からの連休はまだやっとお薬を飲み終えたばかり・・・ちょっと無理ね[ちっ(怒った顔)]
結局10日から、体調が良ければと言うことで、お天気もまぁまぁのようだし、決定。
予約は3日前。(普通個人旅行はふた月前くらいから予約を開始すのだけれど)

東京から[新幹線]で新大阪。  そこから[電車]
六甲道駅.jpg

そして[バス]で六甲ケーブル下までやって来て、その後こんなチケットを購入、こんなケーブルカーで
チケット.jpgけーぶるかー.jpg

で六甲山へ
上で写した写真。神戸港が見えてます。ちょっと霞んでいるけれど・・・六甲の街と神戸港.jpg

こちらは尼崎港方面尼崎港方面.jpg

下の写真は天覧台にあったカフェかな。ちょと面白い建物だったから写しました。天覧台.jpg

この後六甲高山植物園へ行きました。続きは次回に・・・


footstep(103)  コメント(71) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

二ツ森から秋田へ [山・旅]


体調不良につき
暫くブログはお休みいたします<(__)>


次回は22日、短い記事で更新いたします。


9月7日の続きです。

白神山地の探訪を終え、秋田へ向かいます。途中寄り道をしました。

国登録有形文化財「天然秋田杉の殿堂」 旧料亭「金勇」です。
全体.jpg

中に入って満月の間。
一本の木から5枚取られた長さ5間(9.1m)の天井板満月の間.jpg

廊下。長さ25メートル、幅1間の継ぎ目のない上敷き
廊下.jpg


庭(部分)です。
庭.jpg


見どころ沢山の建物でしたが、次へ行きます。途中もう1か所トイレ休憩を兼ねて寄り道です。
八郎潟だと思っていたら、八郎湖SA。この階段を上がって(高い所に上がりたがるわたくし^^)見晴らしてみます。
見えたのは八郎潟部分
八郎潟SA.jpg


八郎潟部分.jpg


これですべての見学を終え、秋田の宿泊先ホテルへ送っていただいて、ドライバーさんとお別れ。

翌8日。
新幹線の時刻は12時13分。それまで秋田城を見に行くことにしました・・・あれれ?
秋田城って町の中じゃなく海に近い所にあるんだわ。わたくしの認識は「お城」って江戸期のものだと。でもここのは佐竹家とは何の関わりもない物でした。[ふらふら]
年表.jpg
秋田城は奈良時代から平安時代に東北地方に置かれた地方官庁(政治・軍事・文化の中心地)だったのです。

秋田駅からタクシーで15分ばかりの所にありました。秋田城歴史資料館秋田城跡歴史資料館.jpg

中には色々資料がありました。
土器や曲げ物土器.jpg

土器2.jpg

曲げ物.jpg

広い史跡公園史跡公園.jpg

東門東門.jpg

築地塀(↑↓も復元)築地塀復元.jpg

奈良時代の水洗トイレ奈良時代水洗トイレ.jpg


いろいろ見てその後タクシーを呼んで(流しのタクシーがいるような所ではないです)急いで駅へ戻りました。
新幹線に乗って無事帰宅。

下の赤いリンゴの写真は、五所川原の赤リンゴ。五所川原のタクシーのドライバーさんが「お土産」と言ってくださったものです。
現在、ジュースやジャムに加工されて売られているようです。生食は不味いと言う話でしたが、わたくしこのまま頂いたり、サラダにしましたが[わーい(嬉しい顔)] 結構酸味の強い如何にもリンゴらしいリンゴで美味しかったですよ。

五所川原赤リンゴ.jpg五所川原赤リンゴ2.jpg

長々お付き合いありがとうございました。これで9月の旅行記はお終いです<(__)>


footstep(110)  コメント(68) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

二ツ森登山と三十釜 [山・旅]

9月7日、この日は二ツ森山登山です。
画像が多くなっています。軽~~~くご覧くださいませ^^

この日もドライバーさんにホテルまで迎えに来ていただいて出発です。途中コンビニで昼食を調達

二ツ森は白神山地の中にある山です。

白神山地は13万ヘクタールあるそうで、そのうち世界遺産に登録されているのは1万7千ヘクタール(書いているわたくしは、それがどのくらいの広さなのか・・・よく分かっていません[もうやだ~(悲しい顔)] ただ大変広いと言うことはわかります)
その世界遺産の中にも「核心地域」と「緩衝地域」があって、核心地域には入山できないそうです。
従ってわたくしたちがこの日登ったのは、緩衝地域にある山です。


二ツ森山.jpg

今から上の画像のしるしのある所まで行きます。遠いようですが、標高差160メートル、累積でも200メートルほどです。
ただし結構傾斜はあります[ふらふら]

登山口登山口.jpg

登山道は概ねこう言う階段
登山道.jpg


もしくはこう言う切り株のようなもの(時々普通の土の径、
登山道2.jpg


ツルリンドウがありましたツルリンドウ.jpg

ツバメオモトの実ですツバメオモトの実.jpg

周りはブナの林に囲まれてブナ林.jpg

ユキザサの実ユキザサの実.jpg

下の画像が山道から見える「核心地域」のブナ原生林核心地域.jpg

タケシマランの実タケシマランの実.jpg

頂上に着きました。普通は40分~1時間の登山ですが、わたくしたちは年寄りと言うことでそれに配慮(?)、ガイドさんが立ち止まってはいろいろ説明して下さったので、1時間50分くらいかかりました[わーい(嬉しい顔)]
頂上.jpg


下りはただひたすら下ったので40分強ってところで下りてきました。途中展望台によって昼食。そこで見つけたツルアジサイツルアジサイ.jpg

この日は秋田まで行くのですが、その前に「三十釜」と言う渓谷の所を歩きます。三十釜渓谷.jpg

渓谷1.jpg

渓谷2.jpg

ダイモンジソウダイモンジソウ.jpg

エビラフジエビラフジ.jpg

コバギボウシコバギボウシ.jpg

渓谷3.jpg

渓谷4.jpg


これにて秋田へ向かいます。

次回(16日)で旅行記お終いです。


footstep(109)  コメント(73) 
共通テーマ:趣味・カルチャー