So-net無料ブログ作成
検索選択

ニリンソウ、トウゴクサバノオなど [山野草]


29日、30日両日出かけております
足跡を残してくださった皆様へのご訪問が
後日となりますことをご了承くださいませ<(__)>


4月15日、小下沢と日蔭沢で写したスミレ以外の花です。
予定はスミレでしたがちょっと順序を逆にしてこちらを先にアップ

最初は ケシ科 キケマン属 4種
ムラサキケマン これも色の濃淡があるようですね。ムラサキケマン.jpg

ミヤマキケマンミヤマキケマン.jpg

ジロボウエンゴサク
ジロボウエンゴサク.jpg


ヤマエンゴサク
ヤマエンゴサク.jpg


キンポウゲ科のお花 これも4種
ニリンソウ イチリンソウ属 二本出ていますね^^ これは1~3本になることもあるようです。ニリンソウ2.jpg

ヒメウズ オダマキ属 小さいお花です。ヒメウズ.jpg

トウゴクサバノオ シロガネソウ属 一見、ハナネコノメに似ていますが、お花がこちらのほうが大きいですトウゴクサバノオ.jpg

セリバヒエンソウ ヒエンソウ属 久しぶりに見ました、有毒だそうです。セリバヒエンソウ.jpg

カテンソウ イラクサ科 カテンソウ属 これも久しぶりに見ました。 花は開く途中です。カテンソウ.jpg

ミミガタテンナンショウ サトイモ科 テンナンショウ属 二枚張ります
ミミガタテンナンショウ2.jpg


バックスタイルミミガタテンナンショウ.jpg

ツルカノコソウ オミナエシ科 カノコソウ属ツルカノコソウ.jpg

セントウソウ セリ科 セントウソウ属セントウソウ.jpg

カントウミヤマカタバミ カタバミ科・属 カントウミヤマカタバミ.jpg

マルバコンロンソウ アブラナ科 タネツケバナ属マルバコンロンソウ.jpg

積み残していました<(__)>
ネコノメソウ  ユキノシタ科 ネコノメソウ属、ネコノメソウ2.jpg

最後の三枚は ムラサキ科 ルリソウ属
ヤマルリソウ(青)ヤマルリソウ.jpg

同じくヤマルリソウ(薄紅色)ヤマルリソウ2.jpg

最後はヤマルリソウとスミレ(エイザンスミレ)のコラボスミレとヤマルリ.jpg


[ひらめき] 昨日26日は、夫が出かけたこともあり、東京散歩に行きました
東御苑と東京国立博物館(「茶の湯」と庭の見学)へ…さすがに歩き通しは疲れます。
アップは5月4日以降になります

次回は5月1日、スミレの花です


footstep(113)  コメント(63) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

沢沿いハイキング(山野草を求めて) [山・旅]

4月15日、高尾山塊へ行って来ました。と言っても頂上は目指しません。

今月の予定は、小下沢(コゲサワ)から景信山、小仏城山を経て日蔭沢に下る予定でした。
しかし体調が完璧でなく、山野草を写すには登り下りに時間を取られるより、ゆったり探しながら写し歩く方が良いんじゃない?と自問して、今回は沢沿いハイキングに決定!

もう何年前になるか、ブログ仲間のきゅーさんっておっしゃったかしら「小下沢沿いはスミレの宝庫」と言うような情報を頂いていたことがあります。それ以来何時か小下沢を歩こうと思っていて、とうとう今になってしまったわけです。

今回は山野草、特にスミレを探そう! その中でもタカオスミレ~っと思い定め、歩きました。

山に登らないのなら、何時もより一時間遅く家を出ましょう~と6時40分頃の電車。9時近くにJR高尾駅について
バスで日蔭沢かその先の大木まで行って(小下沢林道はその中間)歩き始めます。

日影沢バス停で降りるとそのままバスの行く方向へ歩き始め、
JR中央本線のガード下を潜りガード下.jpg

このガードを潜ったら二つに分かれた道を右に折れてそのまま坂を上がって行くと、今度は中央自動車道の高架下を潜ることになります。そしたらこんな道梅林横.jpg

この先左手側は沢、右手側はおおむね山。そんな林道を野草を探しながら歩きます。
たまに沢に下りる道がついています。下りてみます。小さい滝。小さい滝.jpg

こんな沢
沢.jpg


本来は景信山の登山口まで行くところですが、だいたい小1時間掛かるようで、しかしここにはトイレがありません。
写真を写しながら歩くと往復だけで2時間以上はかかりますので、ここはあきらめて半ばで引き返し、日蔭沢へと向かうことにします。
その途中で桜と新緑が遠くの景色.jpg

電車も一枚電車.jpg

日蔭沢入口手前の桜とミツバツツジ
桜と.jpg


日蔭沢入口日影沢入口.jpg


この時期の日影沢にはいろいろ野草があります。

一番沢山あるのがこれかな・・・ニリンソウニリンソウ.jpg

それからネコノメソウ(一つの花を写したものが後日)ネコノメソウ.jpg

ひと月前ハナネコノメを写しに行ったとき、「コチャルメルソウが少ない。遅かったかな」っと思っていたら、早すぎたのでした。
今回一杯ありました。コチャルメルソウコチャルメルソウ.jpg


スミレを主体に、いろんな山野草を写してきていますが、今回はタカオスミレをアップ
タカオスミレ.jpg

タカオスミレ2.jpg

タカオスミレ3.jpg

タカオスミレ4.jpg

タカオスミレ5.jpg


次回(27日)は多分、その他のスミレになると思います。


footstep(110)  コメント(74) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

お花見(2017年) [動・植物]

4月10日、雨も上がり桜も満開。お日様は出ていないけれど・・・どれ、お花見に行こうか~っとやっとカメラを持って近くに散歩がてら出かけました

ところどころ若葉が出た桜もあったけれど、まだまだ見ごろ。

我が家から歩いて11分・・・素敵な桜並木なんですが、ちょっと植わっている場所がねぇ~被写体向きじゃないです[もうやだ~(悲しい顔)]
川に柵があって・・・絵になりにくい。桜1.jpg

だからこう言う写し方が増えるのです[ふらふら]桜2.jpg

桜3.jpg

桜4.jpg

桜5.jpg

ヒヨちゃん。なかなか枝から出てこないし、こちらを向いてもくれない(トリミングあり)ヒヨドリ.jpg

スズメと桜を二枚スズメと桜.jpg

スズメと桜2.jpg

モクレンと桜モクレンと桜.jpg

また桜だけ桜6.jpg

桜7.jpg

桜8.jpg

桜9.jpg

桜10.jpg

タンポポと桜の花びらタンポポと花びら.jpg

花筏・・・と言うほどまだ散っていない~しょぼ~い花筏花筏.jpg

最後二枚は同じ川沿いにあったオウバイと椿オウバイ.jpg

椿.jpg

今回も写真が多くて申し訳ないです<(__)>

次回は(24日)小下沢、日蔭沢山野草探しハイキングです


footstep(119)  コメント(92) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ジロボウエンゴサクやムラサキケマンなど [動・植物]

4月3日、カタクリを見てきた日に写したその他の花です。

イカリソウ メギ科 イカリソウ属  まだ丈が伸びていないと言うのか、草の中に埋もれたようになっていました。イカリソウ.jpg

アオキ 雄花(雌雄異株) ミズキ科 アオキ属アオキ雄花.jpg

春蘭 ラン科 シュンラン属 このお花は我が家にもあります(横浜からお輿入れ^^)。今年は三つお花が咲きました。春蘭.jpg

ウグイスカグラ(鶯神楽) スイカズラ科・属 実は食せます。ウグイスカグラ.jpg

オオイヌノフグリ オオバコ科(ゴマノハグサ科?) クワガタソウ属ホシノヒトミ.jpg

ジロボウエンゴサク ケシ科 キケマン属ジロボウエンゴサク.jpg

ムラサキケマン 上に同じでケシ科 キケマン属ムラサキケマン.jpg

蕗の花 キク科 フキ属蕗の花.jpg

ユキヤナギ バラ科 シモツケ属ユキヤナギ.jpg

タチツボスミレ スミレ科・属  このスミレが一番ポピュラーかな・・・二枚張ります。タチツボスミレ.jpg

タチツボスミレ2.jpg

スミレの花はこのほかにノジスミレに似たものがありました。

ミズバショウ サトイモ科 ミズバショウ属 白いのは仏炎苞で、お花は黄色い部分に沢山付いていますミズバショウ.jpg

アズマイチゲ キンポウゲ科 イチリンソウ属
アズマイチゲ.jpgアズマイチゲ2.jpg

ヒュウガミズキ マンサク科 トサミズキ属 ヒュウガミズキはトサミズキに比べて一つの房に花数が少なく葯の色が黄色です。トサミズキは帯紅色です。ヒュウガミズキ.jpg

ニリンソウ キンポウゲ科 イチリンソウ属ニリンソウ.jpg

最後二枚は春を感じる写真を写したつもり[わーい(嬉しい顔)]若葉.jpg

日差し.jpg



次回は(20日)ご近所で写した桜です


footstep(107)  コメント(63) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カタクリ+α [動・植物]

4月3日のことです。お天気も良いしこれならカタクリも開いているだろうと、千葉市の公園へ出かけてきました。平日にもかかわらず(年金族が多い?)駐車場が9割かた埋まっていました。
ともかく目的のカタクリです
カタクリ ユリ科 カタクリ属 昔はこれの根から片栗粉を作っていたのですが、今は片栗粉は名前だけで実質ジャガイモ粉ですね。カタクリ.jpg

カタクリ2.jpg

カタクリ3.jpg


カタクリ4.jpg

カタクリ5.jpg

カタクリ6.jpg


例年ですと4月3日頃だと桜は満開に近いはずですが、今年は3月が寒すぎました。
桜の状況桜.jpg

桜2.jpg

桜3.jpg

あとは飛びもの・・・[わーい(嬉しい顔)][るんるん]
飛行機飛行機.jpg

同じ飛ぶのも、こちらはピョンピョン・・・跳ねる[ふらふら]
蛙(ヒキガエル)14日追記 )蛙.jpg

蛙2.jpg

最後のオオバン・・・飛んだのは見たことない(?)多分・・・オオバン.jpg


次回、17日は公園で写した残りのお花です。


footstep(117)  コメント(79) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

身延山ハイキング [山・旅]

4月1日、夫と二人ツアーに参加して、身延山枝垂れ桜ハイキングに行って来ました。
結論から言えば、桜はあまり咲いて無く[ちっ(怒った顔)]、雪道が故、夫はハイキングもしなかった。[ふらふら]何やら中途半端なツアーになりました。
ロープウェイを使って上の駅に着いたときは12時20分。待ち合わせ時刻は2時50分。これでは時間が足りないと夫はハイキングを止めたのです。
何しろロープウエイの待ち時間が約1時間20分以上かな~それだけで草臥れるほどでした。
普段からあまり健脚でない夫には雪道はちょっと酷でした。
ここのロープウェイの標高差は763メートルらしい。と言うことはハイキングで下る標高差もそれ以上はあるということです。ロープウェイ駅.jpg
ロープウェイ.jpg

上に行ってみると[目]頂上雪景色.jpg

とりあえず奥之院へ参拝(裏側から見た仁王門)奥之院仁王門.jpg

わたくしたちのツアーが下るのは東コース(西コースもあり東より長い)。この雪道を見て、夫は引き返すことに決定。雪道.jpg

それから一人旅。いろんな「坊」と名の付いた建物がありました…これは何かわかりません。坊.jpg

35分くらい下ったところから雪がなくなっていました。途中から雪無し.jpg

途中大光坊というところにあった仏像仏像.jpg

この辺りまで降りてくると、いろいろお花が見られるようになりました。
ミツマタ(今まで群落もありましたがほとんど蕾でした)ミツマタ.jpg

シキミがありました。シキミ.jpg

がまだしっかり咲いていました。梅.jpg

ヒュウガミズキです。うちの近くにあるのよりぐっと大きな木でした。ヒュウガミズキ.jpg

やっと下に本堂や五重塔が見え始め・・・本堂が見えてきた.jpg

ここでやっと枝垂桜も目に入りました。桜.jpg

それから下の本堂のところまで下って。桜2.jpg

五重塔です。
五重塔.jpg


本堂です。
本堂正面.jpg


そこからもう一つ下の三門へ行きますが、道は三つあります。
一つは女坂。かなり回り道です。一つは男坂。やや急な坂のようです。そしてもう一つがこの階段。菩提梯と言うそうですが、287段・・・かなり急で手すりにつかまって下りました。
菩提梯.jpg


最後は三門です。三門.jpg

ここまで来て14時10分・・・あとは駐車場まで、約30分と聞いていましたが、ほんの14~5分でした。

レベルはハイキング中級でしたが、雪道ということもあり、またロープウェイで待たされたこともあり・・・ものすごく急いで下りた(かなり急坂)[ちっ(怒った顔)]・・・そのせい? この何年か忘れていたような大腿四頭筋の痛みに襲われ、5~6 日治らなかったです。

かなりの枚数、写真をアップ<(__)> 失礼いたしました。

次回は13日、千葉市の公園で写したカタクリなどです


footstep(109)  コメント(66) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

江戸東京博物館から柴又へ [東京ぶらぶら]

これは3月26日の記録です。
この日、水元公園へカワセミに会いに出かけようと思っていたのですが、雨になりました。[雨]
雨でも行ける所・・・思い出しました。以前から行きたいと思っていた両国にある「江戸東京博物館」。ここに欲しいものがあるに違いない[わーい(嬉しい顔)]
両国で降り立つのは初めてかな・・・両国駅.jpg

残念ながら、お相撲は大阪場所。国技館の屋根だけ国技館の屋根.jpg

右に折れて少し歩くと博物館が見えてきます。博物館建物.jpg

大人入館料は600円ですが、65歳以上は半額の300円[るんるん]最初に一階のショップによって欲しいものをゲット。それから入館です。ジオラマを見ます。暗い所なので写真が今一つ上手く写せません[ちっ(怒った顔)]
ジオラマ1.jpg

寺子屋の様子ジオラマ2.jpg

これは越後屋(三越の前身?)ジオラマ3.jpg

買い物は・・・これ[バッド(下向き矢印)]江戸の地図.jpg
時代小説を読みながら、もう少し頭の中で想像する材料が欲しい。それが江戸の地図でした。で、買ったのですが、享保江戸図は何と、変体仮名が沢山使ってあって、しかも字が小さい[ふらふら] ほとんど読めない[もうやだ~(悲しい顔)]
[グッド(上向き矢印)]これはもちろん、家に帰って写した写真です。

両国からの旅の続きは・・・[電車]柴又へ行きます。柴又へ.jpg

柴又駅でこれを写して
柴又駅.jpg


ひょっと見ると・・・もう一体ブロンズ像が・・・ハイ、この方[わーい(嬉しい顔)]柴又駅2.jpg

わたくしが行った前日、除幕式だったようです。

で、この日は帝釈天にお参りではありません。買い物です[プレゼント]
それはこれ[バッド(下向き矢印)]佃煮草団子.jpg

何と言っても美味しいのが(わたくしにとっては) ワサビの葉の佃煮。[わーい(嬉しい顔)]
ご飯のお供になっています。

次回は4月10日、身延山枝垂れ桜ハイキング。


footstep(118)  コメント(82) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハナネコノメ他(高尾山3月の花) [山野草]

前回の続きで3月19日、城山から高尾さんを歩いたとき写した花です。

ユリワサビ アブラナ科 ワサビ属ユリワサビ.jpg

タチツボスミレ スミレ科・属 ほかのスミレはまだ全然咲いていなかったです。タチツボスミレ.jpg

アズマイチゲ キンポウゲ科 イチリンソウ属 アズマイチゲより葉が裂けているように見えますが、でもキクザキではないようですから・・・アズマイチゲ.jpg

ニリンソウ キンポウゲ科 イチリンソウ属 ニリンソウはまだ咲き始め、蕾が沢山ありました。ニリンソウ.jpg

コチャルメルソウ ユキノシタ科 チャルメルソウ属 数がずいぶん減っていました。遅すぎたのかしら。コチャルメルソウ.jpg

ウメ このあたり標高があるからか、まだ梅林も立派に見えましたよ。梅.jpg

この下は全部 ユキノシタ科 ネコノメソウ属 のお花です。
ヤマネコノメ はじめ雄蕊が四個だったのでネコノメソウだと思ったのですが、どうやらヤマネコノメです。ネコノメソウ.jpg

ヨゴレネコノメヨゴレネコノメ.jpg

この下は全部ハナネコノメ[わーい(嬉しい顔)] これを見る目的で行ったのだから。ハナネコノメ.jpg

ハナネコノメ2.jpg

ハナネコノメ3.jpg

ハナネコノメ4.jpg

ハナネコノメ5.jpg

ハナネコノメ8.jpg


次回は6日、江戸東京博物館と柴又土産です。


footstep(107)  コメント(77) 
共通テーマ:趣味・カルチャー