So-net無料ブログ作成
検索選択

赤系の花とその他(八方尾根 7月下旬) [山野草]

7月下旬撮影の八方尾根の花、沢山あって、調べたり分類したりに手間取りました。
やっとお終い[わーい(嬉しい顔)]

カライトソウ バラ科 ワレモコウ属
カライトソウ.jpg


ハッポウワレモコウ バラ科 ワレモコウ属  [右斜め上]のカライトソウと[右斜め下]のワレモコウの雑種と言われています。
ハッポウワレモコウ.jpg


ワレモコウ バラ科 ワレモコウ属
ワレモコウ.jpg


シモツケソウ バラ科 シモツケソウ属 このお花も濃いピンクから白に近いようなお色まであるようです。
シモツケソウ.jpg


ヤナギラン アカバナ科 アカバナ属
ヤナギラン.jpg


ミヤマママコナ ゴマノハグサ科 ママコナ属
ミヤマママコナ.jpg


イブキジャコウソウ シソ科 イブキジャコウソウ属  このお花も割合色んな所で見かけます。
イブキジャコウソウ.jpg


カワラナデシコ ナデシコ科 ナデシコ属
カワラナデシコ.jpg


ムシトリスミレ タヌキモ科 ムシトリスミレ属
ムシトリスミレ.jpg


ウラジロヨウラク ツツジ科 ヨウラクツツジ属
ウラジロヨウラク.jpg


ハッポウアザミ キク科 アザミ属
ハッポウアザミ.jpg


オニアザミ キク科 アザミ属
オニアザミ.jpg


ミヤマアズマギク キク科 ムカシヨモギ属
ミヤマアズマギク.jpg


クルマユリ ユリ科 ユリ属
クルマユリ.jpg


タカネシュロソウ ユリ科 シュロソウ属  色違いを二枚張ります>
タカネシュロソウ.jpgタカネシュロソウ2.jpg

クロトウヒレン キク科 トウヒレン属
クロトウヒレン.jpg


ハクサンタイゲキ トウダイグサ科 トウダイグサ属
ハクサンタイゲキ.jpg


そしてこちらは蕾なので確信が持てないですが
オヤマボクチ? キク科 ヤマボクチ属
オヤマボクチ.jpg


クロマメノキ ツツジ科 ウスノキ属  お花でなく、これは実。いずれ濃紺のような黒い色になって行きます。
クロマメノキ.jpg



八方池のお花はこれでお終い。ご訪問ありがとうございました<(__)>

次回(9月1日)から夏の休暇に出かけた「モンゴル」旅行をアップします。またよろしくお願いいたします<(__)>

追記: 23日今夏初めて、庭でツクツクホーシが鳴くのを聞きました。



共通テーマ:趣味・カルチャー

青色系、緑色系、黄色系のお花(八方尾根 7月下旬) [山野草]

前回の続きです。本日のアップは「青色系、緑色系、そして黄色系」のお花です。
今回はどうも同定できないものが二つ含まれています。

ハッポウタカネセンブリ リンドウ科 センブリ属ハッポウタカネセンブリ.jpg

タテヤマリンドウ リンドウ科 リンドウ属  このお花、お初にお目にかかります[わーい(嬉しい顔)]でした。以前から探していましたがなかなか出会えなくて・・・タテヤマリンドウ.jpg

ハクサンシャジン キキョウ科 ツリガネニンジン属  このお花はあちこちに咲いていました。
ハクサンシャジン.jpg


タテヤマウツボグサ シソ科 ウツボグサ属 
タテヤマウツボグサ.jpg


マツムシソウ マツムシソウ科 マツムシソウ属  今年はこのお花にもよく出会う
マツムシソウ.jpg


ミヤマクワガタ ゴマノハグサ科 クワガタソウ属
ミヤマクワガタ.jpg


クガイソウ ゴマノハグサ科 クガイソウ属クガイソウ.jpg

ミヤマムラサキ ムラサキ科 ミヤマムラサキ属 
ミヤマムラサキ.jpg


シブツアサツキ ユリ科 ネギ属  この「シブツアサツキ」、わたくしの持っている本によると至仏山と谷川岳の蛇紋岩地に特産すると書かれていますが、八方尾根の花の本によると「シロウマアサツキが小型化した蛇紋岩地変形植物で、八方尾根のものはほとんどシブツアサツキ」と書かれています。
シブツアサツキ.jpg


オオバギボウシ ユリ科 ギボウシ属
オオバギボウシ.jpg


タカネアオヤギソウ ユリ科 シュロソウ属
タカネアオヤギソウ.jpg


ウラジロハナヒリキ ツツジ科 ハナヒリキ属 「ハナヒリ」はくしゃみのこと
ウラジロハナヒリノキ.jpg


ホソバキソチドリ ラン科 ツレサギソウ属
ホソバノキソチドリ.jpg


ミヤマアキノキリンソウ キク科 アキノキリンソウ属 このお花は割合、どこのお山でも見られますね。ミヤマアキノキリンソウ.jpg

ミヤマタンポポ キク科 タンポポ属ミヤマタンポポ.jpg

キンコウカ ユリ科 キンコウカ属キンコウカ.jpg

ニッコウキスゲ ユリ科 キスゲ属ニッコウキスゲ.jpg

キバノカワラマツバ アカネ科 ヤエムグラ属  このお花は初見  
初見のこのお花、モンゴルでも出会った。キバナノカワラマツバ.jpg

シナノオトギリ オトギリソウ科 オトギリソウ属 シナノオトギリ.jpg

問題は最後二枚。
ミヤマイワニガナ・・・かな?(なぜ黄色の中にピンクが、、、ニガナだとすると黄色から変色したものと思ったもので) 
シロバナニガナの可能性もある?ミヤマイワニガナ.jpg

そしてこれ、葉が違う・・・けどタカネニガナに似ている・・・何でしょう?
ほかのお花の葉が写ったのか、それとも全く別のお花か。タカネニガナ.jpg


次回は残りのお花、赤色系、その他です。

追記: 皆様 実は22日の台風9号のため、我が家の物見台が飛ばされ、屋根の上のテレビのアンテナ、電話線が壊れてしまい、インターネットに繋げないでいました。やっとただいま修復完了。昼食後、皆様のところへお伺いさせていただきます<(__)>
(以上24日、10時49分追記)



共通テーマ:趣味・カルチャー

白色系の花(八方尾根 7月下旬) [山野草]

八方尾根で写してきたお花、60種ほどあります。三回に分けて掲載しますが、<花図鑑>的に今日は白系のお色です。
今回の同定は①に名札を見て②には八方池山荘で購入した「八方尾根の花」と言う本を参考に。そして③はわたくし自身の知識と「山と渓谷社」刊の「高山植物」や「山に咲く花」などの本も参考にしました。
それでもなお分からない同定の難しいものが幾つかありました。
皆様のお知恵が拝借できればと思います。

写真が多いのでお忙しい方や興味のない方はサラーっと流してくださいませ。

シロバナニガナ キク科 ニガナ属シロバナニガナ.jpg

ヤマハハコ キク科 ヤマハハコ属ヤマハハコ.jpg

ウスユキソウ キク科 ウスユキソウ属ウスユキソウ.jpg

ハッポウウスユキソウ  キク科 ウスユキソウ属 ミネウスユキソウの変種ハッポウウスユキソウ.jpg

タカネミミナグサ ナデシコ科 ミミナグサ属タカネミミナグサ.jpg

クモマミミナグサ ナデシコ科 ミミナグサ属クモマミミナグサ.jpg

イワシモツケ バラ科 シモツケ属
イワシモツケ.jpg


ヤマブキショウマ バラ科 ヤマブキショウマ属ヤマブキショウマ.jpg

トリアシショウマ(?) ユキノシタ科 チダケサシ属
トリアシショウマ.jpg


ミヤマダイモンジソウ ユキノシタ科 ユキノシタ属
ミヤマダイモンジソウ.jpg


ウメバチソウ ユキノシタ科 ウメバチソウ属
ウメバチソウ.jpg


ホツツジ ツツジ科 ホツツジ属
ホツツジ.jpg


オオコメツツジ ツツジ科 ツツジ属
オオコメツツジ.jpg


エゾシオガマ ゴマノハグサ科 シオガマギク属
エゾシオガマ.jpg


クチバシシオガマ ゴマノハグサ科 シオガマギク属
クチバシシオガマ.jpg


ミヤマコゴメグサ ゴマノハグサ科 コゴメグサ属
ミヤマコゴメグサ.jpg


ミヤマトウキ セリ科 シシウド属
ミヤマトウキ.jpg


ミヤマウイキョウ セリ科 シラネニンジン属
ミヤマウイキョウ.jpg


オヤマソバ タデ科 オンタデ属
オヤマソバ.jpg


シロバナヤマホタルブクロ キキョウ科 ホタルブクロ属
シロバナヤマホタルブクロ.jpg


イワイチョウ ミツガシワ科 イワイチョウ属
イワイチョウ.jpg



次回は24日(水曜日)です

追記:本日8月21日、朝散歩途上、今夏初のツクツクホウシの鳴き声を聞きました
秋近しを感じます。



共通テーマ:趣味・カルチャー

八方尾根歩き [写真館]

再開いたしました<(__)>


7月24日、25日 一泊二日で歩きながら写す写真ツアーで八方尾根へ行ってきました
今回の本来の目的は<星空撮影>と<八方池に写る白馬三山>でしたがあいにくのお天気[ちっ(怒った顔)][もうやだ~(悲しい顔)]

でもたくさんのお花に会えるわたくしにとっては素晴らしい「歩き」の会でした[わーい(嬉しい顔)]
本日はとりあえず風景を中心に写真をアップします。

まずゴンドラとリフト二つを乗り継いで八方池山荘(1830メートル)に行きます。ゴンドラ.jpg

リフトの足元はお花畑リフト.jpg

二つ目のリフトで着いた先は目の前が山荘。八方池山荘.jpg

山荘傍で写した蝶。クロヒカゲ(?)クロヒカゲ.jpg

もう一つ、クガイソウに止まったヒョウモンチョウ(?)コヒョウモン(ぜふさん ありがとうございました)ヒョウモンチョウ.jpg

ほかに写したお花は次回からアップです。

翌日です。日の出を見に山荘裏へ徒歩数分。東側朝空.jpg

北側へちょっとカメラを振って朝空2.jpg

待つことしばし、日の出です日の出.jpg

その後朝食を済ませ、八方池へ向かいます八方池へ.jpg

階段を上がる.jpg

風景を見ながら.jpg

八方山ケルンです(1974メートル)八方山に着いた.jpg

息ケルン(ヤスムさんとおっしゃるお子さんをこの場で亡くされたご家族が建てられたと書かれていました)から八方ケルンを見る
息ケルンより.jpg

由来.jpg


八方池(2060メートル)に着きました.写真を写しながらゆっくり歩いて、1時間と30分を要しています
八方池.jpg


ここでしばし雲の切れるのを待ってみましたが、白馬は姿を現しませんでした。
しかし不帰の嶮が顔を出してくれました。
左寄り第三峰、二峰、そして中央より尖った山が第一峰です。
不帰の嶮.jpg


山荘へ戻ります。まず唐松岳との分岐近くまで登って、第三ケルンへ行きます。
第三ケルン.jpg


そこから来た道へ戻って山荘へ
山荘方面へ.jpg


次の写真二枚は前日写したものです。
山荘とリフト駅舎が見えています
山荘と.jpg


山荘近くまで戻ってきて。このお花畑のバックは白馬三山が見えるところですが、残念!
お花畑と.jpg



8月7日は立秋と言うものの、暑さはこれからでしょうね
夏バテしないように、お気をつけてお過ごしくださいませね[手(チョキ)]



共通テーマ:趣味・カルチャー

早池峰山のお花 [山・旅]

7月10日、息子と二人で登った早池峰山のお花の紹介です。
写真が多いです<(__)>お時間のおありの方はごゆるりと、お忙しい方はさらりと眺めて行って下さいまし[わーい(嬉しい顔)]

写真の羅列です。
ウコンウツギ ウコンウツギ.jpg

キバノコマノツメキバノコマノツメ.jpg

タカネスミレ あるいはタカネキスミレとも・・・タカネスミレ.jpg

コイワカガミコイワカガミ.jpg

コバイケイソウ  二枚張ります。コバイケイソウ.jpg
コバイケイソウ2.jpg

これはコメツガの球果かしら?コメツガ.jpg

コメツツジコメツツジ.jpg

ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ.jpg


チシマフウロ
チシマフウロ.jpg


チングルマチングルマ.jpg

ナンブトラノオナンブトラノオ.jpg

ハイマツの雌花ハイマツ.jpg

ハクサンチドリハクサンチドリ.jpg

ホソバイワベンケイホソバイワベンケイ.jpg

ホソバツメクホソバツメクサ.jpg

マルバシモツケマルバシモツケ.jpg

ミヤマオダマキ  本当の自生[わーい(嬉しい顔)] 大きいのでも4センチはなかったように思います。我が家のは7~8センチはあります。自然は厳しいから高山に咲くのは小さいですね。ミヤマオダマキ.jpg

ミヤマシオガマミヤマシオガマ.jpg

ミヤマハンショウヅルミヤマハンショウヅル.jpg


次回は5日(金曜日)を予定しています



共通テーマ:趣味・カルチャー